• 医院情報
  • CAD/CAM
  • 3DS除菌治療
  • キッズル?ム
  • 歯周病治療・むし歯予防
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • インプラント治療と入れ歯
  • 小児歯科情報
  • 無痛治療の取り組み
  • ベビーベッド完備
  • 最新式デジタルレントゲン完備
  • ドクター・スタッフ紹介
  • インフォームドコンセプト
  • ドックベストセメント

歯周病治療・虫歯予防|診療メニュー

歯を守るためにできること~歯周病治療・虫歯予防~

お口の病気として身近なものに、虫歯と歯周病があります。どちらも大切な歯を失うことにつながる病気であり、できるかぎり食い止めたいものです。北九州市、下関市、山陽小野田市の歯医者さん「オレンジ歯科」では、薬を用いた歯周病治療や虫歯予防などの最先端の医療をご提供することで、患者様の大切な歯を守りたいと考えています。

歯周病治療を効果的に~位相差顕微鏡と薬を用いて~

日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。歯周病とは、歯茎など歯の周りにある歯周組織がかかる病気です。

従来の歯周病治療は、毎日の歯磨きによるプラーク(歯垢)コントロールと、歯科医院での歯石除去による、対症療法が中心でした。しかし歯周病治療は時間がかかるので、プラークがたまると再発を繰り返します。そのため多くの方が歯周病に悩み続けているのです。

近年では、位相差顕微鏡(光線の位相差をコントラストに変換して観察できる光学顕微鏡)を用いてお口の中の細菌の種類を調べ、その細菌に適した薬を服用することで、歯周病の原因となる菌を除去する歯周内治療が行われています。これは全症例の85~90%に有効とされており、治療が短期間で効果的に行えるようになりました。

虫歯・歯周病の予防~早期発見が重要な理由~

虫歯の治療は発見が早ければ早いほど効果的で、治療費も抑えられ期間も短くて済みます。その一方で、かなり症状が進んでしまってから歯医者へ行くと、治療時間や費用がかさむうえに削る部分が増え、結果として歯の寿命を短くしてしまいます。しかもその後、歯科医院何度も行かなければならなくなる確率が高くなるのです。

また、歯周病の原因になるプラークや歯石は、どれほどていねいに歯磨きをしても、口に食べ物が入る限りはできてしまうもの。プラークも歯石も、いったんたまってしまうと、自分ではなかなか除去することができません。歯科医院で定期的に歯の健診を受けて、プラークや歯石を取り除くことが、虫歯や歯周病の予防・早期発見につながります。

当院では歯の清掃状況や虫歯の有無をチェックするため、3ヶ月に1度は定期健診のためにご来院いただくことをおすすめしています。

当院の予防歯科の取り組み~虫歯・歯周病を予防するために~

クリーニング 定期健診
専用の機器を使って、普段の歯磨きでは落ちない歯の汚れをクリーニングする「PMTC」などの処置を行います。 3ヶ月に1回ご来院いただき、歯の清掃状況やお口の中のチェックをすることで、虫歯や歯周病の再発を防ぎます。

プロによる歯のクリーニング -PMTC-

PMTC

「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」とは、特別な訓練を受けたスタッフが専用の器具とフッ素入りのペーストを用いて歯をきれいにクリーニングのことです。

歯に付着したプラークや「バイオフィルム」と呼ばれる細菌の塊は、毎日の歯磨きでは落としきれず、虫歯や歯周病の原因になる可能性があります。PMTCではそれらを徹底的に取り除くことで虫歯や歯周病を予防するとともに、光沢のある健康で美しい歯を取り戻すことができます。終わった後は、まるで「歯のエステ」を受けたような爽快感を得られるかもしれません。

薬による先端予防処置 -3DS-

薬を使って虫歯や歯周病の原因菌を除去することにより、発症を防ぐ処置が「3DS(Dental Drug Delivery System)」です。

はじめに細菌検査を行い原因菌が多いと診断されたら、PMTCの処置後、マウスピースを用いて歯の表面に抗菌剤を密着させ、薬を作用させます。(自宅でケアする場合は、マウスピースを毎晩5分間装着していただきます)。

1週間後に再度PMTCと3DSの処置を受け、約●日後に再検査して細菌数を調べます。細菌数が基準値以下であれば、治療は終了。薬により虫歯菌を退治することで、虫歯と歯周病の予防も同時にするという新しい治療法です。

日曜・祝日も診療
 診療時間 
平日 10:00~21:30
土日祝 10:00~18:30

日曜・祝日も診療診療時間 平日 10:00~21:30 土日祝 10:00~18:30

おのだサンパークオレンジ歯科

MAPを開く

タップでお電話できます